0/30
team-3-3 心理的安全性
プラクティス

チームメンバーの行動/発言を明示的に承認行為をおこなう習慣があるか。(成果ではなく行動したこと自体に対して、拍手する・感謝を述べるなど)

team-3-4 心理的安全性
プラクティス

チームメンバー間で挨拶をしたり、雑談をする習慣はあるか。

team-6-3 経験主義的な見積りと計画
プラクティス

見積りは、実際にその仕事を行う本人を含むチームの複数人で行われているか。

team-6-4 経験主義的な見積りと計画
プラクティス

スケジュールがクリティカルな場合には当初から精密に、仮説検証や価値がクリティカルな場合には荒い粒度から段階的に詳細化するなどして、状況に応じて見積りや計画の方法を変えているか。

team-6-7 経験主義的な見積りと計画
アンチパターン

機能要件のバッファ(緩衝機能)を全体計画に対して設けられていない。(「必須な機能」と「あったらよい機能」が分類されず、曖昧になっている。)

team-7-3 ふりかえり習慣
プラクティス

ふりかえりの場はチーム全員が参加しているか。

system-1-8 バージョン管理
アンチパターン

システムのソースコードの閲覧を関連するエンジニアのみに限定している。(別チームのエンジニアや他のステークホルダーが閲覧できない。)

system-2-4 ソースコードの明確さ
プラクティス

明文化されているコードレビューガイドラインが存在するか。

system-3-3 継続的インテグレーション
プラクティス

プロダクトの半分以上のモジュール/クラスファイルに対して、ユニットテストが存在しているか。

system-4-5 継続的デプロイ
プラクティス

デプロイ作業を伴わず、一部の機能を安全にオフにしたり、オンにしたりできるか。( Feature Toggle /Soft Launch/ Dark launchなどの仕組みを導入・実装しているか。)

system-7-7 システムモニタリング
アンチパターン

定常的に発生しているサービス上の警告を問題ないものとして無視したり、ログ自体を出さないようにしている。

system-8-4 セキュリティシフトレフト
プラクティス

OSSのライブラリやミドルウェアを使用する際、それらの脆弱性情報を自動的モニタリング・警告・パッチ適用するための仕組みまたはサービス等を利用しているか。

data-1-2 顧客接点のデジタル化
学習と改善

オンライン・オフラインの両方で、顧客の接点となる行動情報や通知の手段を獲得するためのシステムを開発している組織が社内に存在するか。

data-1-7 顧客接点のデジタル化
アンチパターン

自社のリアルな顧客接点からのデータ収集が技術的な課題・社内ルール・オペレーションの問題でできていないままになっている。

data-5-6 データ可視化とリテラシー
アンチパターン

要望ベースでデータの集計を繰り返し、雑多なレポーティング項目が棚卸しされていない。

data-6-2 機械学習プロジェクト管理
学習と改善

機械学習の知見を、アプリケーション開発者や非エンジニアのスタッフが利用できるように勉強会などを繰り返し開いているか。

data-6-7 機械学習プロジェクト管理
アンチパターン

すでに実績のあるクラウドを利用した機械学習ソリューションに対して、検証ができていない。

data-7-3 マーケティング自動化
プラクティス

カスタマージャーニーの複数の接点において顧客の行動を把握、理解するため、何らかのDMPツールを導入しているか。

design-2-1 顧客体験
メトリクスの計測

顧客に対してNPS(ネットプロモータースコア)や満足度を継続的に測定しているか。

design-2-3 顧客体験
プラクティス

構造化されたヘルプページがあり、ヘルプに書かれた内容を改善するために顧客がフィードバックできるか。

design-2-4 顧客体験
プラクティス

CRM(顧客管理システム)、SFA(営業支援システム)を導入しており、お問い合わせや行動履歴を把握できているか。

design-2-6 顧客体験
アンチパターン

カスタマーサポートなど顧客接点となるスタッフから、課題の吸い上げができていない。

design-6-2 プロトタイピング
学習と改善

一年に一度以上の頻度で経営幹部も参加するプロトタイプづくりのワークショップを行っているか。

design-7-2 ユーザビリティテスト
学習と改善

新規・既存顧客について継続的にユーザビリティの変化がないか示すメトリクス(タスクの成功率など)を計測し、それをもとに改善を行っているか。

corporate-1-5 スパン・オブ・コントロール
プラクティス

行っている業務と部門の役割が一致するように部門のミッションステートメント(業務分掌)を明確に決めて全社に公開しているか。

corporate-3-1 コミュニケーションツール
メトリクスの計測

チャットツールにおける全社員が閲覧可能な状態でのコミュニケーションの割合を測定しているか。

corporate-3-3 コミュニケーションツール
プラクティス

チャットサービスは全社で同一のサービスが導入され、チャットを通じた業務上の手続きの自動化(ChatOps)が可能か。

corporate-5-1 デジタル人材採用戦略
メトリクスの計測

ソフトウェアエンジニアの採用活動を常に行っており、毎年十分なペースでソフトウェアエンジニアを採用できているか。

corporate-6-2 モダンなITサービスの活用
学習と改善

SaaS間の自動連携を目的としたサービス(iPaaSやLow Code系ツールなど)を導入しており、業務の自動化や効率化をするためのBPR活動を事業部主体で実行しているか。

corporate-6-7 モダンなITサービスの活用
アンチパターン

古いバージョンのOSやブラウザでしか動作しないツールが使われている。