0/30
team-2-1 チームビルディング
メトリクスの計測

チームは少なくとも半年以上継続して存在しているか。

team-2-8 チームビルディング
アンチパターン

チーム内でチームミッションの改善に関係する議論がどんな理由であれ発生していない。

team-4-3 タスクマネジメント
プラクティス

上長やステークホルダーを含め、共通のタスク管理ツールを利用しており、プロジェクトの状況を可視化したダッシュボードに常にアクセス可能か。

team-4-6 タスクマネジメント
アンチパターン

他部署からの依頼が明確なタスクツールではなく、担当者へのダイレクトメール/メッセージ/口頭など透明性のない形で行われている。

team-4-8 タスクマネジメント
アンチパターン

どのチームタスクであるか曖昧な仕事が発生したあとに、事後検証(ポストモーテム)が行われず都度話し合いで解決している。

team-6-1 経験主義的な見積りと計画
メトリクスの計測

チームのベロシティを把握しており、その分散値の変化を計測しているか。

system-1-4 バージョン管理
プラクティス

インフラ構成とシステム要素のプロビジョニングをソースコードとして実行可能な形式にした上で、バージョン管理システムで管理しているか。(Infrastructure as Code)

system-1-5 バージョン管理
プラクティス

統合テスト/デプロイメントの自動化に関わるソースコードをアプリケーションコードと同一のバージョン管理システムで管理しているか。

system-1-8 バージョン管理
アンチパターン

システムのソースコードの閲覧を関連するエンジニアのみに限定している。(別チームのエンジニアや他のステークホルダーが閲覧できない。)

system-2-5 ソースコードの明確さ
プラクティス

コードレビューガイドラインを満たさないコードを自動的に検出・補正する各種Linterやフォーマッタなどのツール群を整備しており、ソースコードを変更する誰もが使うことができるか。

system-3-4 継続的インテグレーション
プラクティス

テスト用データやスタブ/モックなどを整備し、テストを書きやすくするための環境整備をしているか。

system-8-6 セキュリティシフトレフト
アンチパターン

開発速度(デプロイ頻度)を低下させるようなセキュリティルールが、施行されていて現況に合わせたアップデートが行われていない。

data-2-4 事業活動データの収集
プラクティス

POSや業務システム上のアクセス記録/操作履歴を構造化されたフォーマットでリアルタイムにデータレイクへ保存しているか。

data-3-3 データ蓄積・分析基盤
プラクティス

ユーザー理解や仮説検証のためのデータ分析のための環境が整備されており、データサイエンティストだけでなくエンジニア・非エンジニアを問わず、プロダクトのステークホルダーに公開されているか。

data-6-1 機械学習プロジェクト管理
メトリクスの計測

機械学習プロジェクトの具体的な成功指標を持ち、構築したシステムがそれを満たしているかモニタリングしているか。

data-6-8 機械学習プロジェクト管理
アンチパターン

機械学習プロジェクトのPoCから実運用するためのエンジニアリング能力をチームが持っておらず、そこから実サービス化が進まない。

data-7-3 マーケティング自動化
プラクティス

カスタマージャーニーの複数の接点において顧客の行動を把握、理解するため、何らかのDMPツールを導入しているか。

data-8-4 自動的な意思決定
プラクティス

意思決定理由について、明確な根拠やガイドラインを作る時間をマネジメントは割いているか。また、ガイドラインの中に倫理規範は含まれているか。

design-2-2 顧客体験
学習と改善

顧客による問い合わせから返信までのリードタイム、問い合わせおよび回答への満足度について定量計測を行い、目標管理をしているか。

design-2-7 顧客体験
アンチパターン

電話やメールでの対応に対して、柔軟な対応をしすぎてしまい自動化の阻害要因になっている。

design-4-7 デザインシステムの管理
アンチパターン

各プラットフォーム(iOS/Android/Web)などで過度に統一の体験を設計しようとしすぎてしまい、それぞれの流儀にそぐわないUIとなってしまっている。

design-5-3 デザイン組織
プラクティス

全社のクリエイティブや顧客体験デザインを担う専門知識を持った経営幹部がいるか。

design-6-2 プロトタイピング
学習と改善

一年に一度以上の頻度で経営幹部も参加するプロトタイプづくりのワークショップを行っているか。

design-7-5 ユーザビリティテスト
プラクティス

自己申告メトリクスなどを用いて、印象を含めた満足度のテストをおこなっているか。

corporate-4-7 人事制度・育成戦略
アンチパターン

自己学習のための書籍や、オンライン学習の補助手当がない。

corporate-5-4 デジタル人材採用戦略
プラクティス

採用したい人材の基準を明確化したJob Description(求人票)が存在し、現場エンジニアとともに表現を見直すためのワークフローが整備されていて、直近一ヶ月以内に更新されているか。

corporate-6-5 モダンなITサービスの活用
プラクティス

自身のスマートフォン、または貸与されたスマートフォンを用いて、会社の予定・メール・コミュニケーションツールなどを利用できるか。

corporate-7-1 経営のデジタルファースト
メトリクスの計測

データとデジタル技術を用いて、どのように事業変革をしていくのかのビジョンを明文化して経営メッセージとして発信し、その推進経営指標をもっているか。

corporate-7-2 経営のデジタルファースト
学習と改善

ソフトウェアエンジニアとしての業務経験のあるCTOないし技術担当取締役が存在し、技術戦略についての策定を主導的に行っているか。

corporate-8-5 攻めのセキュリティ
プラクティス

セキュリティの意思決定は、定期的に行われているリスクアセスメントにともない、リスクとリターンを定量的に評価した上で行われているか。