0/30
team-1-4 チーム構成と権限委譲
プラクティス

チームは価値提供をするのに必要な全職能のメンバーで構成されているか。(フィーチャーチーム)

team-3-8 心理的安全性
アンチパターン

事業目標や納期目標に対して、威圧的なマネジメントや権威的な命令を繰り返したことで、意見が出てこない状況になっている。

team-5-6 透明性ある目標管理
アンチパターン

目標管理が強く評価制度に結びついているため、ストレッチしたゴール設定をすることが難しくなっている。

team-6-5 経験主義的な見積りと計画
プラクティス

相対見積もりの基準となる要件(ユーザーストーリー)が存在し、定期的にアップデートしているか。

team-8-6 バリューストリーム最適化
アンチパターン

属人的なタスクがある状態を効率的だと解釈して改善をしない。

team-8-8 バリューストリーム最適化
アンチパターン

数値改善のために簡単で予測可能な仕事ばかりを引き受け、難しめのタスクを引き受けない。

system-2-8 ソースコードの明確さ
アンチパターン

コードレビューガイドラインの多くの項目が、自動的なフォーマッタなどで統一・解決可能な些末な事柄である。

system-4-2 継続的デプロイ
学習と改善

デプロイ時に社内のユーザーや開発者のみを対象もしくは、一部のサーバのみにサービスをリリースしてエラーがないかを確かめるカナリアリリースができるか。

system-4-4 継続的デプロイ
プラクティス

ブルーグリーンデプロイメントができるか。(稼働中のサーバーを切り替えるのではなく、別環境にデプロイ作業をしてから本番の向き先を切り替えるデプロイ手法。)

system-6-1 疎結合アーキテクチャ
メトリクスの計測

目指すべきアーキテクチャに対してそぐわない点を洗い出すための仕組みが存在しており、それらの情報をもとに改善を進めているか。(アーキテクチャ適応度関数)

system-8-3 セキュリティシフトレフト
プラクティス

専門的なアプリケーションセキュリティの知識を持つメンバーが、専任でセキュリティチームにおり、動向や最新情報をもとに自社サービスをレビュー・改善できているか。

system-8-5 セキュリティシフトレフト
プラクティス

4半期から1年の間で定期的に、全体的なアプリケーションとインフラの脆弱性診断を受けているか。

data-1-1 顧客接点のデジタル化
メトリクスの計測

顧客の行動履歴データを分析可能な形で保存しており、その割合が顧客全体の7割を超えているか。

data-1-6 顧客接点のデジタル化
アンチパターン

デジタル上でのプッシュマーケティングをEmailのみに頼っている。

data-2-4 事業活動データの収集
プラクティス

POSや業務システム上のアクセス記録/操作履歴を構造化されたフォーマットでリアルタイムにデータレイクへ保存しているか。

data-5-6 データ可視化とリテラシー
アンチパターン

要望ベースでデータの集計を繰り返し、雑多なレポーティング項目が棚卸しされていない。

data-6-4 機械学習プロジェクト管理
プラクティス

実運用時の計算量や計算資源の種別(IoT/エッジ利用/クラウド)などを考慮に入れた上で、モデル選定や実験のプロセスが動いているか。

data-8-8 自動的な意思決定
アンチパターン

自動化ツールを前提とした組織設計をおこなわず、既存の業務や組織にあわせてツールをカスタマイズする。

design-1-3 ペルソナの設定
プラクティス

ペルソナを記述した資料は、施策会議のたびに意識され、参照されているか。

design-1-6 ペルソナの設定
アンチパターン

ペルソナの具体的なライフストーリーが欠如しており、仮説構築につながらない。

design-2-7 顧客体験
アンチパターン

電話やメールでの対応に対して、柔軟な対応をしすぎてしまい自動化の阻害要因になっている。

design-4-8 デザインシステムの管理
アンチパターン

各画面やパーツごとに組み込まれた細やかなアニメーションや音、振動、トランジションといった動きのあるUI要素がガイドラインに組み込まれていない。

design-5-1 デザイン組織
メトリクスの計測

事業に必要なUI/UXデザインの過半数を内製化できているか。

design-8-1 プロダクトマネジメント
メトリクスの計測

権限を持ったプロダクトマネージャという役職が存在し、1サービスに専任の1名以上が任命されているか。

corporate-1-2 スパン・オブ・コントロール
学習と改善

兼務及びスパン・オブ・コントロールの基準が適切になるように、定期的に改善が行われているか。

corporate-2-1 開発者環境投資
メトリクスの計測

プロダクト開発に関係する全ステークホルダーに対して、自社のIT環境の満足度やeNPS℠を定期的に測定しているか。

corporate-3-5 コミュニケーションツール
プラクティス

各部門は、自部門の仕事をメールベースあるいはチャットなどフロー情報を扱うツールではなく、ストック情報を扱うチケットツールベースで受け取る環境があるか。

corporate-4-4 人事制度・育成戦略
プラクティス

専門職向けのジョブ型人事制度があり、管理職と同等かそれ以上の給与で従事しているメンバーが存在するか。

corporate-4-6 人事制度・育成戦略
アンチパターン

高度な専門人材に対して、市場変化を考慮した年収額のアップデートができない人事制度になっている。

corporate-8-8 攻めのセキュリティ
アンチパターン

従業員および経営幹部に対して、リモートワークのリスクなどの最新のトレンドなどが取り入れたセキュリティ教育がなされていない。