0/30
team-2-7 チームビルディング
アンチパターン

1年以上チームのやることが変わっておらず、チームメンバーも固定されている。

team-3-5 心理的安全性
プラクティス

チームの不安や不満などを可視化し、吸い上げるための仕組みを持っているか。

team-5-1 透明性ある目標管理
メトリクスの計測

1年後などのチームとプロダクトの目指す姿が、言語化され、いくつかの計測可能な指標により明晰化されているか。

team-5-4 透明性ある目標管理
プラクティス

フォーカスすべき目標に対して、どのようにアプローチするのかの計画をチームで共有しているか。

team-5-5 透明性ある目標管理
プラクティス

ビジネス上、重要なマイルストーンとそのスケジュールをチームで常に共有し、その進捗を確認しているか。

team-7-5 ふりかえり習慣
プラクティス

ふりかえりにおいて前回のふりかえりで改善するために起案したタスクが実行されたか検証しているか

system-1-2 バージョン管理
学習と改善

明文化されたブランチ戦略が存在するか。そして、それは守られているか。

system-1-6 バージョン管理
アンチパターン

ソースコード自体のセキュリティレベルを高く設定しており、開発支援系SaaSの利用を禁止している。

system-2-8 ソースコードの明確さ
アンチパターン

コードレビューガイドラインの多くの項目が、自動的なフォーマッタなどで統一・解決可能な些末な事柄である。

system-5-4 API駆動開発
プラクティス

APIは何らかのSchema定義言語によって規定され、そこから自動的にクライアントの生成やバリデータの生成が行われているか。

system-6-7 疎結合アーキテクチャ
アンチパターン

疎結合なシステムであるが、分散トレーシングの仕組みがなく、問題発生時の原因特定に時間がかかる。

system-7-5 システムモニタリング
プラクティス

オートスケールなどの仕組みにより、開発者やSREが介在しなくても、適切なキャパシティコントロールができているか。

data-1-4 顧客接点のデジタル化
プラクティス

自社サービスやメディアをスマートフォン用のWebサイトまたはアプリとして提供しているか。

data-2-8 事業活動データの収集
アンチパターン

データ収集に関するプロジェクトが存在しないか、進捗していない。

data-3-1 データ蓄積・分析基盤
メトリクスの計測

データ分析の基盤実際に操作して数字を取得できる社内の人数と部署数を増やしていくための活動をしているか。

data-5-8 データ可視化とリテラシー
アンチパターン

ダッシュボードは存在するが、データ担当者以外誰も見ておらず形骸化している。

data-7-8 マーケティング自動化
アンチパターン

広告運用の成果報告がフォーマットに沿って自動的に行えるようになっていない。

data-8-6 自動的な意思決定
アンチパターン

ビジネスプロセス全体のボトルネックを計測せずに自動化・効率化を各部門に任せてしまう。

design-1-1 ペルソナの設定
メトリクスの計測

少なくとも1つの大きな事業仮説に対して、対応する1つ以上のペルソナが作成されているか。

design-2-1 顧客体験
メトリクスの計測

顧客に対してNPS(ネットプロモータースコア)や満足度を継続的に測定しているか。

design-3-2 ユーザーインタビュー
学習と改善

直近、半年以内になんらかのユーザーインタビューを行っているか。

design-4-4 デザインシステムの管理
プラクティス

UIデザイナーが作成したデザインをソースコードに自動的に反映するためにツールを利用しているか。

design-6-2 プロトタイピング
学習と改善

一年に一度以上の頻度で経営幹部も参加するプロトタイプづくりのワークショップを行っているか。

design-7-8 ユーザビリティテスト
アンチパターン

3名以下の少なすぎるユーザビリティテスト対象者の結果に振り回されてしまう。

corporate-1-7 スパン・オブ・コントロール
アンチパターン

部下が0名ないし1名の管理職が存在する。

corporate-2-7 開発者環境投資
アンチパターン

障害対応など予測の困難な業務や、輪番対応等の計画された定時外業務があっても、定時出勤することを求めている。

corporate-3-6 コミュニケーションツール
アンチパターン

各種ミーティングにおいて、オンラインでアクセスできる共通の議事録をとっていない。

corporate-5-8 デジタル人材採用戦略
アンチパターン

経営や幹部人材が、人材採用に対して責務を負っておらず十分な時間と熱量を費やしていない。

corporate-6-1 モダンなITサービスの活用
メトリクスの計測

従業員の情報システムへの満足度と利用度、申請から承認までのリードタイムなどの指標を継続的に測定し、改善に生かしているか。

corporate-7-1 経営のデジタルファースト
メトリクスの計測

データとデジタル技術を用いて、どのように事業変革をしていくのかのビジョンを明文化して経営メッセージとして発信し、その推進経営指標をもっているか。