0/30
team-1-7 チーム構成と権限委譲
アンチパターン

チームリーダーが複数のチームやプロジェクトを兼務しており、自チームのためにすべての時間を使うことができない。

team-2-6 チームビルディング
アンチパターン

オンボーディングプログラムが、文章を読むだけのものになっており、ハンズオンやミッション理解の伴わない形骸化したものになっている。

team-5-6 透明性ある目標管理
アンチパターン

目標管理が強く評価制度に結びついているため、ストレッチしたゴール設定をすることが難しくなっている。

team-6-3 経験主義的な見積りと計画
プラクティス

見積りは、実際にその仕事を行う本人を含むチームの複数人で行われているか。

team-8-7 バリューストリーム最適化
アンチパターン

フロー効率性などの数値指標に囚われすぎて、全体の効率が悪化するなど価値提供に結びつかない状態である。

team-8-8 バリューストリーム最適化
アンチパターン

数値改善のために簡単で予測可能な仕事ばかりを引き受け、難しめのタスクを引き受けない。

system-1-2 バージョン管理
学習と改善

明文化されたブランチ戦略が存在するか。そして、それは守られているか。

system-1-7 バージョン管理
アンチパターン

バージョン管理システムが複数存在していたり、1つのツールからすべての履歴を閲覧できないなど、中途半端な状態のままになっていないか。

system-2-6 ソースコードの明確さ
アンチパターン

コードレビューをできる人物がチームの中におらず、レビュー待ちに1、2営業日がかかる。

system-6-7 疎結合アーキテクチャ
アンチパターン

疎結合なシステムであるが、分散トレーシングの仕組みがなく、問題発生時の原因特定に時間がかかる。

system-8-1 セキュリティシフトレフト
メトリクスの計測

CI/CDのパイプラインにソースコードの自動的なセキュリティチェック(静的解析または動的解析)が組み込まれていて、一定の基準を達さないとリリースされない仕組みになっているか。

system-8-8 セキュリティシフトレフト
アンチパターン

開発企画要件の段階で、設計レベルのセキュリティレビューが実施されていない。(Security by Designの未実施)

data-4-6 データ処理パイプライン
アンチパターン

週次集計や月次集計の処理が特定の日時に終わることを想定しており、障害が発生した場合にデータが欠損してしまう。

data-4-8 データ処理パイプライン
アンチパターン

データサイエンス/機械学習/データアプリケーションエンジニアリング/クラウドインフラなどの知見が1名に属人化している。

data-5-3 データ可視化とリテラシー
プラクティス

売上などの短期的数値ではなく、長期的な事業価値のための間接的指標(e.g.顧客リピート率や予測LTVなど)を主要なKPIとして設定しているか。

data-6-5 機械学習プロジェクト管理
プラクティス

事業価値と実現可能性の両面を同時に仮説検証できるようなプロジェクト管理(PoCとプロトタイプ作成)を行っているか。 

data-6-7 機械学習プロジェクト管理
アンチパターン

すでに実績のあるクラウドを利用した機械学習ソリューションに対して、検証ができていない。

data-8-3 自動的な意思決定
プラクティス

意思決定に関する記録を、プロセスマイニングができる形で保存しているか。

design-1-1 ペルソナの設定
メトリクスの計測

少なくとも1つの大きな事業仮説に対して、対応する1つ以上のペルソナが作成されているか。

design-3-4 ユーザーインタビュー
プラクティス

インタビュー結果のインサイトをまとめて、共感マップなどを作成しているか。

design-3-6 ユーザーインタビュー
アンチパターン

ユーザーインタビューに関して訓練を受けていないスタッフが実施しており、仮説に対して誘導的すぎたり、クローズドクエッションが多くなったりしている。

design-4-4 デザインシステムの管理
プラクティス

UIデザイナーが作成したデザインをソースコードに自動的に反映するためにツールを利用しているか。

design-5-3 デザイン組織
プラクティス

全社のクリエイティブや顧客体験デザインを担う専門知識を持った経営幹部がいるか。

design-7-8 ユーザビリティテスト
アンチパターン

3名以下の少なすぎるユーザビリティテスト対象者の結果に振り回されてしまう。

corporate-1-6 スパン・オブ・コントロール
アンチパターン

人事評価者と指示を行う者の不一致がある組織になっている。または、一致するかの確認ができていない。

corporate-2-8 開発者環境投資
アンチパターン

従業員は自身のパソコンへの自由なソフトウェアのインストールを過度に制限されている。

corporate-3-7 コミュニケーションツール
アンチパターン

意思決定者や管理者がチャットツールにログインしておらず、コミュニケーションが取れない。

corporate-4-4 人事制度・育成戦略
プラクティス

専門職向けのジョブ型人事制度があり、管理職と同等かそれ以上の給与で従事しているメンバーが存在するか。

corporate-7-2 経営のデジタルファースト
学習と改善

ソフトウェアエンジニアとしての業務経験のあるCTOないし技術担当取締役が存在し、技術戦略についての策定を主導的に行っているか。

corporate-8-5 攻めのセキュリティ
プラクティス

セキュリティの意思決定は、定期的に行われているリスクアセスメントにともない、リスクとリターンを定量的に評価した上で行われているか。