0/30
team-1-8 チーム構成と権限委譲
アンチパターン

チームリーダーがメンバーに権限委譲できておらず、ボトルネックになっている。

team-2-5 チームビルディング
プラクティス

チームメンバー全員で定期的にカジュアルにコミュニケーションをとる場がある(ランチ、ディナー、レクレーション等)

team-4-6 タスクマネジメント
アンチパターン

他部署からの依頼が明確なタスクツールではなく、担当者へのダイレクトメール/メッセージ/口頭など透明性のない形で行われている。

team-5-8 透明性ある目標管理
アンチパターン

目標が定量的でなく、第三者からみて達成度合いが不明確なものになっている。

team-6-1 経験主義的な見積りと計画
メトリクスの計測

チームのベロシティを把握しており、その分散値の変化を計測しているか。

team-6-6 経験主義的な見積りと計画
アンチパターン

スケジュールのバッファ(緩衝期間)が全体計画に対して1/4以下しかもうけていない。

system-2-7 ソースコードの明確さ
アンチパターン

コードレビューガイドラインは1年以上メンテナンスされておらず、形骸化している。

system-4-3 継続的デプロイ
プラクティス

デプロイ完了時、および構成変更時にインフラ構成に関する自動的なテスト(e2eのスモークテストおよびServerspecなどのインフラ環境テスト)を実行しているか。

system-4-8 継続的デプロイ
アンチパターン

デプロイ工程が自動化されておらず、本番反映に1時間以上かかっていたり、特定の時間帯しかできないなどの制約事項がかかっている。

system-5-3 API駆動開発
プラクティス

プロダクトに対して外部あるいは内部の別のシステムと連携するためのAPIが提供されているか。

system-7-3 システムモニタリング
プラクティス

APMのためのSaaSやツールが導入され、ユーザーからみた応答速度などについて、要因ごとの影響度を定常的に分析できる状態になっているか。

system-7-4 システムモニタリング
プラクティス

フォルトインジェクションテストや、カオスエンジニアリング等の仕組みを導入することで、重大事故につながりうるシステムの欠陥を早期に発見するための試みをおこなっているか。

data-1-1 顧客接点のデジタル化
メトリクスの計測

顧客の行動履歴データを分析可能な形で保存しており、その割合が顧客全体の7割を超えているか。

data-2-1 事業活動データの収集
メトリクスの計測

事業活動のデータが集計されてから、解析された状態で閲覧可能になるまでのリードタイムは1日以内か。(BIツールで昨日のデータは見られるか。)

data-2-2 事業活動データの収集
学習と改善

事業活動の中に潜在的に存在したが、蓄積できていなかったデータを収集するためのシステム化や業務分析を行うチームは存在するか。

data-3-1 データ蓄積・分析基盤
メトリクスの計測

データ分析の基盤実際に操作して数字を取得できる社内の人数と部署数を増やしていくための活動をしているか。

data-7-4 マーケティング自動化
プラクティス

媒体ごとの適切なクリエイティブになるようにA/Bテストやバンディッドアルゴリズムなどで最適化しているか。

data-7-8 マーケティング自動化
アンチパターン

広告運用の成果報告がフォーマットに沿って自動的に行えるようになっていない。

design-1-4 ペルソナの設定
プラクティス

ペルソナについて、チームで繰り返し議論されイメージの共有化をしているか。

design-2-3 顧客体験
プラクティス

構造化されたヘルプページがあり、ヘルプに書かれた内容を改善するために顧客がフィードバックできるか。

design-5-5 デザイン組織
プラクティス

事業責任者は顧客体験やデザイン思考のトレーニングを受けているか。

design-6-2 プロトタイピング
学習と改善

一年に一度以上の頻度で経営幹部も参加するプロトタイプづくりのワークショップを行っているか。

design-7-6 ユーザビリティテスト
アンチパターン

ユーザー調査(何が課題かの発見)とユーザビリティテスト(使い心地が良いか、どのような印象を抱いたか)を区別せず同時に行ってしまう。

design-8-2 プロダクトマネジメント
学習と改善

幹部人材に対して、プロダクトマネジメントのスキルについての継続的な学習機会を提供できているか。

corporate-1-3 スパン・オブ・コントロール
プラクティス

人事制度上、管理職位の設定は人事考課上の等級と独立して設置されるようになっているか。(部長職じゃないと、この給与にならないといったような職位と等級が一致するものでないか。)

corporate-1-7 スパン・オブ・コントロール
アンチパターン

部下が0名ないし1名の管理職が存在する。

corporate-4-3 人事制度・育成戦略
プラクティス

プロダクト開発に関わる従業員一人あたり年間12万円(月額1万円)以上の教育研修予算があるか。

corporate-6-6 モダンなITサービスの活用
アンチパターン

決裁書類がワークフローツールだけで完結しない。

corporate-6-8 モダンなITサービスの活用
アンチパターン

業務で利用しているシステムにシステム間連携を目的としたAPIが用意されていない。

corporate-8-4 攻めのセキュリティ
プラクティス

境界防御モデルではなく、ゼロトラストモデルのセキュリティネットワークを構築しているか。